SIGMA社からソニー Eマウント対応レンズ発売

かねてより告知されていました、SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art と、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artのソニー Eマウント対応レンズの販売が、2018年6月14日より始まりました。あわせて同日より、SIGMA社のマウント交換サービスにおいてソニー  Eマウントへの交換対象レンズとして同2本が加わる事となりました。

私は以前から、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artを、キヤノンEFマウントで所有していました。先般、キヤノンのEOSからSony α9へ移行したため、これまではSIGMA製のマウントコンバーターMC-11を使って、EF→Eマウント変換して同レンズをα9で使用してきました。MC-11を使ったマウント変換によるレンズ使用でも良いのですが、キヤノンEFマウントのSIGMA製レンズ資産が他にもあるので、都度MC-11を付け替えるのは面倒ですし、動作的に100%完全かと問われると疑問点も少なからずありました。また、SIGMA社ウェブサイト「フルサイズ対応ソニー Eマウントレンズ」ページでの概要によるところでは、「従来のマウントコンバーターMC-11では対応できなかったAF-CモードやAFスピードの高速化を実現しました。」とあり、AF-Cモードをよく使用する身としては、とても魅力を感じています。

そこで、所有するSIGMA製レンズについては、ソニー Eマウントへのマウント交換が可能なレンズは、順次、Eマウントへ交換していく事にしました。マウント交換サービスは、そのマウントのレンズ本体が発売されている事が前提条件のため、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art ソニー Eマウント用の発売日(2018年6月14日)を待っていた次第です。

SIGMA
MOUNT CONVERTER
MC-11

SIGMA社の「マウント交換サービス」は大変素晴らしい取り組みであると思います。私のように、EOS→αというようなカメラボディを移行すると、当然レンズのマウント形式が変わってしまうため、機能低下のリスクもあるコンバーターを使用すると、レンズも全て新しいマウント形式で買い直す必要があります。もちろん同サービスはSIGMA社の自社レンズ対象のサービスですので、前提としてSIGMA製レンズでなければなりませんが、昨今のリニューアルが進むSIGMA製レンズの新製品ラインのレンズは魅力的なものが多く、第一弾として発売された、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artは保有している方も多く居る事と思います。私も大好きなレンズの1つです。

カスタマーサポートへ問い合わせ

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art ソニー Eマウント用の発売日前日の2018年6月13日。SIGMA社のホームページで、マウント交換サービスへの申し込みを確認していたところ、ふと、ある事に気付きました。ホームページ上にソニー Eマウント対応のUSB DOCKの情報が無いのです。

SIGMA製レンズの新製品ラインは、USB DOCK経由でユーザーによるレンズ調整が可能となっています。そう頻繁に調整する訳ではありませんが、調整の他にレンズの性能向上等を可能にするファームウェアアップデードが行えるようになっています。USB DOCKは、各レンズマウント毎に販売されているのですが、ソニー Eマウント用レンズの発売にあわせて、USB DOCKもEマウント用のものが用意されるものと考えていました。

USB DOCKのページやプレスリリース等見て回りましたが、どうもソニー Eマウント対応のUSB DOCKは発売の予定がないようです。この点は、今後の運用面で気になる事ですので、カスタマーサポートへ問い合わせてみました。質問をさせていただいたところ、確かに現時点で予定が無いという事でしたが、同社のミラーレス用レンズはカメラ本体に付けた状態で、カメラ経由でファームウェアアップデートを行っている事から、カメラ経由または今後ソニー Eマウント対応USB DOCKが発売される等、何らかの方法でファームウェアアップデートに対応していければ、というお話を伺う事ができました。レンズ調整も踏まえれば、USB DOCKになるかと思いますので、今後の登場に期待したいと思います。

折角カスタマーサポートへ電話したので、マウント交換サービスについても併せて問い合わせてみました。マウント交換サービスは販社や商社経由では対応せず、ユーザーからSIGMA社へ直接申込で対応するとの事でした。話ついでに、この日はSIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artのソニー Eマウント対応レンズ発売日の前日だった訳ですが、発売となる翌14日にマウント交換を希望するレンズが到着するように配送を手配して申し込む事はOKとの事でしたので、早速、1日前倒しで申込と発送を行う事にしました。

マウント交換サービスへ申し込みました!

カスタマーサポートにて、マウント交換サービスへの申し込み方法の詳細を確認させていただき、修理依頼票をダウンロードしてマウント交換の旨を記載しました。同様の申し込みは、オンラインからもできるとの事でした。

また、カスタマーサポートの方から付帯情報として、新しいレンズケースのご案内をいただきました。SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | ArtをキヤノンEFマウント→ソニー Eマウントへ交換するとレンズ全長が長くなるため、現在持っているレンズケースに入らなくなってしまうとの事。マウント交換サービス利用の場合に限り、通常3,000円で販売しているEマウント用レンズケースを1,000円で販売可能との事でしたので、今回、併せて注文する事にしました。ちなみに、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artのマウント交換サービスの料金は、税込で23,760円。ここに+1,080円が合計となりました。

ソニー Eマウント仕様

キヤノン EFマウント仕様

修理依頼票に記載してレンズと共に梱包。2018年6月14日着指定で、株式会社シグマ会津工場に向けて、私のレンズは旅立ちました。通常、マウント交換サービスは約2週間程ですが、現在工場に修理のご依頼が集中しているとのメールがありました。もしかすると、3週間程度かかるかもしれませんが、楽しみに待ちたいと思います。

マウント交換サービス申込の経過状況

2018年6月13日:
クロネコヤマトにて、シグマ会津工場へレンズを発送しました。マウント交換サービス利用の場合は、送料発払いとなります。

2018年6月14日:
SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art ソニー Eマウント用発売開始。
シグマのカスタマーサポートの方から、レンズ到着とマウント交換サービス受付の旨、丁寧なメールを頂戴しました。

2018年6月22日:
マウント交換を完了し、シグマ会津工場より佐川急便にて発送とのメール連絡を頂戴しました。

2018年6月23日:
マウント交換を終えたSIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artが到着。
約10日間で対応して頂けました。動作は良好。6ヶ月間の新規保証を付けて頂けるので、有り難いです。

Leave a Reply